ちゃんと気をつけてる?猫がなりやすい腎臓病とは

  • URLをコピーしました!

 腎臓病は猫がなりやすい病気の1つです。
最近では「猫の腎臓病」の研究に関する寄付が集まったことでさらに周知が広まったのではないでしょうか?
 腎臓の主な役割は猫も人間とと同じで、血液中の老廃物を尿として排出したり、体内の水分量や栄養素のバランスを調整したりする役割を担っています。
 腎臓病になることで老廃物を排出できず毒素が体内にたまってしまうことで「尿毒症」をも引き起こす上になかなか病気の兆候に気づきずらく、発症に気づいたときにはステージが進行していたりとても怖い病気の一つです。
今回の記事では腎臓病について掘り下げ、対策と発症後に治療についても触れていきたいと思います。

目次

猫の腎臓病(慢性腎不全)とはどんな病気なの?

 猫の腎臓病とは、一般的に知られているのが「慢性腎不全」です。(ここでは腎臓病=慢性腎不全として説明しています)
書き出しで軽く説明した通り、腎臓機能が低下することで命に関わる様々な症状を引き起こします。

 この病気は様々な原因で腎臓の構造と機能の異常が長期間続く病気です。静かに進行していき、腎臓の機能が大部分(60-70%)障害されるまでは目立った症状は起こりません。

ご家族が気づく段階ではすでに進行した状態になっていることが多い病気です。

高齢の犬や猫に多く、高齢の猫ではほとんどすべての猫に慢性腎臓病のリスクがあります。


腎臓はネコちゃんの体の中で、

・血液から尿をつくり体の中で不要になった老廃物や毒素を尿の中に排泄する
・血圧を調節する
・ナトリウムやカリウムなどの血液中のイオンバランスをたもつ
・ホルモンを分泌し血液(赤血球)をつくる

などの働きを担っている大切な臓器です。

発症のメカニズム

 腎臓には、血液をろ過して老廃物を取り除き、尿として排出する「ネフロン」という組織があります。
健康な猫には腎臓1つにつき約20万個のネフロンが存在しますが、ネフロンは再生されないので、一度壊れたら二度ともとには戻りません。

何らかの原因で一部のネフロンが壊れてしまった場合、残ったネフロンで補って腎臓機能を維持しようと働きます。
しかし、この働きによって、残ったネフロンに大きな負担がかかってしまうため、さらにネフロンが壊れやすくなるのです。
このようにネフロンが少しずつ減少していくと、腎臓機能も徐々に低下してしまい、結果として慢性腎不全を発症します。
慢性腎不全が判明する段階は猫によって異なりますが、腎臓機能の70~75%を喪失すると深刻な症状が現れるといわれています。

 著者の実家で飼っているねこ、ねうちゃんも2021年の冬に「腎臓病」が発覚しました。
2つあるうちの腎臓の一つがすでに再生しない状態でしたが、もう一つ残っていた腎臓の治療を進めたことで現在は通院にて治療を続けている状態です。
腎臓病になり機能しなくなった腎臓が再生することはないので「早期発見」「早期治療」、残された腎臓がいかに機能するかがポイントになってきます。

腎臓病を発症する原因は?

慢性腎臓病(慢性腎不全)は以下のようなさまざま原因により起こりますが、原因としてあげられるのは以下となります。

・細菌や猫伝染性腹膜炎(FIP)等のウイルスの感染による腎炎
・外傷
特に元野良猫はほかの猫とのけんかのリスクも高く、幼少期から患ってしまっていることも珍しくないそうです。
・薬物などによる中毒
・心筋症やショックなどによる腎血流量の低下
・免疫疾患などによる腎炎
・結晶や結石などによる尿路の閉塞
我が家のねうちゃんは尿路にある結石を経由しての感染が原因でした。

 そのほかにも加齢、食事、体質も関係してくるため、定期的な健康診断の際に血液検査をすることをお勧めします。

早期発見のために気を付けたい初期症状

 腎機能が33%程度になった状態でようやく現れる目に見える初期症状として「多飲多尿」(水をたくさん飲み、尿量が増え、尿の色が薄くなる)が挙げられます。初期は尿そのものに関連した変化がみられるので、中〜高齢となった猫と一緒に暮らしている飼い主様は、日々の愛猫の飲水量と排尿量を観察する習慣をつけると良いでしょう。

 進行すると食欲不振や体重減少、嘔吐、けいれん発作など、全身的な症状を示すようになります。初期段階から進行してしまうとこれらの症状のほかにも食欲不振や体重減少、嘔吐、けいれん発作など、全身的な症状を示すようになります。

15歳以上の猫の3頭に1頭がかかる病気?

腎臓病は15歳以上の猫のうち3~5割、3頭に1頭が腎臓病を患っているといわれています。確率で例えると15歳以上の猫は81%が慢性腎臓病という報告があるように、高齢の猫の大半が患っている病気といわれています。年齢別ですと8歳前後で約8%、10歳前後で約10%、12歳前後で約24%、15歳前後で約30%の猫が発症しているそうです。
愛猫に慢性腎不全の疑いがあるかどうかは、尿検査血液検査で調べることができます。
特に愛猫が7歳以上の高齢である場合は、少なくとも年一回は検査を受けて、腎臓病の兆候が出ていないか早めにチェックしましょう!

急性腎不全にも注意!

猫の腎臓病の多くは慢性腎不全ですが、腎臓機能が急激に低下する「急性腎不全」を発症することもあります。
急性腎不全は、様子をみていては手遅れになる大変危険な病気です。早急に受診することが求められます。
この2つの病気を見分けるために症状の違いを改めて比べてみましょう。

慢性腎不全

食欲が落ちている
水を飲む量や回数が増えている
薄い色の尿をすることが多い
嘔吐をすることが多い
便秘気味になっている
体重が減っている
毛艶が悪くなっている
動きが鈍く、じっとしていることが多い

急性腎不全

いきなりぐったりする
いきなり嘔吐する
呼吸が荒い
排尿しない
意識が低下している

上記はあくまで一例ですが、もし心当たりがあれば早めにかかりつけの動物病院で診てもらいましょう。

腎臓病の治療

慢性腎臓病により一度壊されてしまった腎臓の組織が、治療により回復することはありません。

そのため、慢性腎臓病の治療は病気そのもの治すことができないため、症状の進行を遅らせる治療がメインとなります。

主な治療としては血液中の老廃物や毒素を体内に貯めないようにすること、そして、慢性腎臓病の進行を緩やかにすることが主体です。具体的には

①点滴(静脈点滴や皮下点滴など)

積極的な水分摂取により、脱水を予防すると共に、体内の水分量を増加させて尿量を増やし、老廃物の排泄を促します。

②投薬や食事療法

腎臓に負担をかけないようにするための内服薬を使った薬物療法、タンパク質や塩分量などを制限した食事療法などを行います。症状の程度にもよりますが、基本的に処方された薬や食事は生涯続けることになります。
 他にも設備のある病院では腹膜透析や血液透析を行い、老廃物の排出を促すこともあります。

食事療法で獣医に進められるフードブランドが「ロイヤルカナン」「ヒルズ」の二つです。療法食にも種類がざまざまあり猫ちゃんの状態に合わせたものを選ぶ必要があります。種類に乗って成分配合量が異なるうえに味の好みで最初は食いつきが悪い場合もありますので慣れるまでは様々な種類のフードを試したりパウチを検討するのもいいでしょう。

ロイヤルカナン 猫用 腎臓サポート ドライ(4kg)【ロイヤルカナン療法食】

価格:6,381円
(2022/4/10 11:46時点)
感想(574件)

ヒルズ 猫用 k/d 腎臓ケア チキン&野菜入りシチュー缶 82g×24【あす楽】

価格:4,984円
(2022/4/10 11:47時点)
感想(18件)

【C】【ポイント3倍】ヒルズ 猫用 k/d 腎臓ケア チキン 2kg【4/10(日)0:00〜4/16(土)1:59】【hi49】

価格:4,564円
(2022/4/10 11:47時点)
感想(82件)

腎臓病治療のステージ分類

慢性腎臓病と診断された場合、まずIRIS(国際獣医腎臓病研究グループ)が推奨している“IRIS腎臓病ステージング”によるステージ分類を行うことによって治療の方針を決定します。
ステージ分類は、血液検査によるCRE(クレアチニン)やSDMAの値、尿の状態、血圧の数値などを参考に行いますが、一度の検査だけでなく、定期的に検査を繰り返して病状を正確に把握することが大切になります。

ステージ1

症状は全くみられず、血液検査でも異常値は見つかりませんが、尿検査で尿比重の低下や蛋白尿、腎臓の形状の異常が認められることがあります。

ステージ2【再生医療適応】

慢性腎臓病で最初に見られる症状である「多飲多尿」が起きるようになります。
腎機能が低下してくると尿を濃縮できなくなるため、薄い尿を大量にするようになります。そのため水分不足になり、水をたくさん飲むようになります。
このステージでは、まだほとんどの子で元気・食欲が普通にあり、なかなか異常に気付かないことがありますが、腎機能は正常の4分の1にまで低下しています。
 この段階では体調維持に必要な腎機能が残っており、再生医療により腎機能低下の進行を抑える効果が期待できます。

ステージ3【再生医療適応】

さらに腎機能の低下が進むと、老廃物などの有害物質を尿中に十分排泄することが出来なくなるため、尿毒症を発症し始めます。
血液中で高濃度になった有害物質により、口腔粘膜や胃粘膜が荒れて、口内炎や胃炎になりやすくなります。
食欲の低下や嘔吐などの症状が表れ始めます。
加えて、血液検査で腎機能の指標となる数値である、CRE(クレアチニン)、BUN(尿素窒素)の上昇がみられるようになります。
CREやBUNは、本来は腎臓から排泄される老廃物ですが、腎機能の低下により尿中に排泄することが出来なくなってしまうため、血中の濃度が上昇します。
また、腎臓は赤血球の成熟に必要なエリスロポエチンというホルモンを分泌していますが、慢性腎臓病になるとエリスロポエチンを正常に分泌することが出来なくなるため、貧血が起きることもあります。
 この段階では生命維持に必要な腎機能が残っているため、再生医療により慢性腎臓病の進行を遅らせ、QOL(生活の質)の維持・改善が期待できます。

ステージ4

重篤な臨床症状がみられる時期です。
尿毒症がさらに進行し、積極的な治療なしでは生命維持が困難になります。

慢性腎臓病(慢性腎不全)の食事・サプリメント

尿毒症を引き起こす老廃物を体に貯まりにくくするために、タンパク質・ナトリウム・リン等を制限した食事を与えたり、同様の効果が期待されるサプリメント等を使うことがあります。
例えば、動物病院で扱う腎臓病用の特別療法食や、腸内のタンパク質・リンなどを吸着することで排泄を促進するサプリメント等があります。
給餌方法や量などについては、かかりつけの獣医師にご相談ください。

腎臓病の予防に大切なのは食事内容と栄養管理

尿の確認

膀胱炎や膀胱結石などが原因で尿道閉塞を起こし、急性腎臓病になることもあります。
日頃から排尿時の様子や尿の色・量を確認し、異常があった場合に、すぐに気付けるようにしましょう。また、薬物やユリなどが原因で急性腎臓病を起こすこともあるので、十分に注意しましょう。

良質なたんぱく質を摂取する

腎臓病の療養食を選ぶにあたって、腎臓に負担をかけないようにするために「たんぱく質制限」を重視されている方が多いようです。
しかし、高齢の猫は若い猫よりもエネルギー量が求められます。必要以上にたんぱく質を制限することは筋量の低下や栄養不足につながり、逆効果になりかねません。
ですから、たんぱく質をただ制限するのではなく必要な栄養素がしっかり摂れる「良質なたんぱく質」を摂取することが大切です。たんぱく質の品質や食事そのものの材料の品質を考えて、カラダに良いご飯を選んであげることが予防対策として役立つでしょう!

愛猫が水分をたくさんとれるように工夫する

また、腎臓への負担を軽くするためには、日頃から水分をたくさん取ることも有効です。缶詰やレトルトパウチなどのウェットフードを与えると、ドライフードより水分摂取量が増えるので、ご飯をそちらに変えてみてもよいでしょう。

 ただし、健康なうちから食事での予防を考えるなら、高たんぱく質のドライフードもおすすめです。日常的に飲水量を増やせるので、水分を多く摂取させることができますよ♪

【お買い物マラソン500円クーポンあり】給水器 猫 自動給水器 猫 犬水飲み器 自動給水機 自動水やり器 ステンレス製 2WAY給電 みずのみ器 PETKIT 猫 みずのみ 犬 水 超静音 循環式 水やり 軟水 活性炭フィルター付き 大容量 1.35Lタンク コンセント・電池 3rd世代

価格:7,480円
(2022/4/10 11:51時点)
感想(437件)

栄養バランスのとれた食事を心がける

 栄養バランスのとれた食生活を送っていても、腎臓病になる可能性はありますが、発症リスクを抑えることはできます。また、健康的な生活を送ることを踏まえても、やはり栄養バランスの管理は大切です。

猫は生きていくためのエネルギー源として、たんぱく質を多く必要とする動物です。その一方で穀物などの炭水化物の消化は苦手です。どちらも必要な栄養素なので、両方のバランスがとれている食事が望ましいです。

フードを選びに迷った際は「総合栄養食」という表記があるものを選びましょう!

「総合栄養食」と表記のあるフードはペットフード公正取引協議会による基準が満たされており、そのフードと水だけで、猫の健康維持ができる栄養バランスのとれたフードになります。

ロイヤルカナン 療法食 猫用 ユリナリーS/O オルファクトリー ドライ 4kg

価格:5,427円
(2022/4/10 11:51時点)
感想(240件)

まとめ

猫は腎臓病(慢性腎不全)になりやすい動物ですが、今のところ明確な原因はわかっていません。しかし、腎臓病を引き起こすであろう要因はいくつかあるため、それらを参考に食生活の改善や栄養管理に取り組むことで、若い時期からシニア期まで健康を維持することが期待できます。

また、愛猫が腎臓病になっている場合は何らかの症状や兆候が現われるので、それを見逃さないことも重要です。日頃から愛猫の様子を小まめにチェックして、異常を感じたら早めにかかりつけの動物病院で受診しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4歳から絵画を習い始める。2016年にアパレルブランドAche3.9を立ち上げ、デザイナーとして全国各地で単独POPUPを開催。通算主催イベントの開催回数は30回を超え、ビバラロックフェスへなどの外部出店経歴やMV等の着用経歴も有り。
2021年から渋谷にて月に一度の店舗を構え、同年9月にNeedoum Inc.を立ち上げ代表取締役に着任。

目次