はじめてのペット保険!選ぶポイントと利用してみた感想

  • URLをコピーしました!

言葉が話せないあなたの家族の健康を守るためには?

突然ですが、あなたのおうちの猫ちゃんの健康管理は大丈夫ですか?


猫ちゃんの些細な変化に気づくことができるのは飼い主であり家族であるあなただけ。

食欲、体重が減った気がする・・・嘔吐したけど、病院に連れていくべきなのか?

言葉が通じないからこそ、様子の変化に敏感になってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで今回、皆様に共有したい議題は最近更に私たちにとって身近になった「ペット保険」!「保険」と聞くと、

ハードルが高そう、申し込みが複雑そう、何を選べばいいの?

と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?
そうやってもやもや悩んでいるうちにペット保険の申し込みが伸びてしまっていたり・・・

私も先日までそう考えている人間の一人でした。

この記事では実際の保険選びから申し込み、利用まで実体験に基づいてレポートしたいと思います!

目次

ペット保険を知ったきっかけ

昨年2021年の冬。コロナが一時期落ち着いて久しぶりに実家に帰省した時のお話です。
私の実家では現在、2匹の猫を飼っています。

先住猫のねうちゃんは元保護猫、6歳になる女の子。

パステル三毛猫の紅楽(くらん)は2020年の冬に私が保護した、出産経験のある4歳の元野良猫。

警戒心が解けて2匹が少しずつ打ち解けてきた矢先の話でした。
先住猫のねうが夕方から珍しく嘔吐し始めたのです。
最初は毛玉を吐いているのかな?と思っていましたが
その嘔吐は2時間おきに止まることなく続き、後半は胃液しか出ない状態に陥っていました。

明らかにおかしいと気づき翌朝一番に動物病院へ。
そこで診断されたのは「腎不全」による「尿毒症状態」
夜に亡くなっていたもおかしくないとのことでした。
現在、猫の死因の上位に挙がっている「腎不全」についても後日ご紹介できればと思います。

ねうはその後、1週間の入院を経て週1回の通院を2か月続けました。

入院は1日1万円前後で合計7万円ほど 週に1度の通院は5~8千円で、

2ケ月で8程の通院で合計4万円から6万4千円程。

数値が安定するまでの2か月間で13万4千円ほどかかった計算です。

こう考えると現実的にペットの医療費って意外とかかりますよね。
猫の平均の年間治療費は8万4千円ほどになるそうです。

現在日本では年々保護猫の譲渡数も増え、コロナ渦でペットを家族に迎えた人も増えました。

家族としてペットを生涯育てるうえで、こういった不測の治療費の備えはとても大切になるのではないでしょうか?

ペット保険を選ぶポイント

では実際ペット保険を利用しようと思って検索してみるとたくさんの保険が出てきて
どれを選べばいいのか混乱しますよね。

まず一番に提案したいのは「病気になる前に、若いうちに保険に加入すること」です。
保険によって変わりますがほとんどの保険が病気や年齢で加入制限がついていることが多いので
「病気になってから申し込もう」だと遅い場合も・・・

ペット保険を比較し、検討したい方にはこちらがおすすめ↓

私がおすすめしたいのは突然の出費の備えつつ、忙しいあなたにお勧めしたいのが「窓口清算」ができるペット保険です。
このタイプの保険は人間と同じく「ペットの保健証」が発行されます。

動物病院の窓口でペットの保険証を提示することで、
お会計時に、ご契約の補償割合等を除いた診療費のみを支払うので
面倒な保険金請求手続きは一切不要なうえに
その場で保険が適用されるため、急な支出に備えることができます!
※窓口精算対応の動物病院をご確認の上ご利用ください。

現在窓口清算ができるペット保険は以下の2つのみです。

★アニコム損保

  • 保険商品名:どうぶつ健保ふぁみりぃ
  • 補償割合:70%・50%
  • 保険の特徴:10年連続ペット保険シェアNo.1!
    あんしんガッチリ補償の「ふぁみりぃ」とお手頃でいざという時のための「ぷち」をご用意!
    「ふぁみりぃ」ではわが子の写真が入った世界に1つだけの「どうぶつ健康保険証」を発行!
  • ※シェアは、各社の2008年~2017年の契約件数から算出。
    (株)富士経済発行「ペット関連市場マーケティング総覧」調査
  • 対応病院検索

★アイペット損保

  • 保険商品名:うちの子
  • 補償割合:70%・50%
  • 保険の特徴:①12歳11か月まで新規加入可能! (継続は終身)
    ②年間最大補償限度額122.4万円!※70%プランの場合
    通院・入院・手術と幅広くカバーし手厚い補償でいつでも安心いただけます
    ③保険金請求回数による継続時保険料の割増無し!
    何度保険を使用いただいても継続時に保険料の割増はありません。
  • 対応病院検索

筆者は年に一度の健康診断はもちろん、小さな変化でも動物病院に行くことがあるので
アイペット損保のうちの子保険の70%プランを申し込みました。
なので今回はアイペットのレビューという形で紹介したいと思います!

アイペット保険の特徴

アイペットの特徴は以下の通り

・メリット

「対応動物病院なら窓口精算が可能」
「12歳11ヶ月まで新規加入でき、待機期間もない」
「70%プランの年間の補償限度総額は充実の122.4万円」
「更新時の条件追加や継続不可がない」
「ペット賠償責任特約や多頭割引、優待サービスがある」
「手術に特化した商品も用意」
「犬は12歳以降、猫は9歳以降は保険料据え置き」

そのほかアイペットには加入後のお得な優待サービスが多数あります。

●クラブアイペット
アイペットが提携している店舗や施設で利用できる優待サービスです。トリミングやペットホテルなどの割引が受けられます。

●獣医師からの予防情報
アイペットに在籍している獣医師から、契約中のペットの成長に合わせて病気や事故の予防情報などが届けられます。※詳細は、重要事項説明書等でご確認ください。

●マイページサービスの提供
アイペット対応病院の検索や保険金支払履歴の確認などがインターネットで行えるマイページを提供しています。

・デメリット

「一定年齢までは加齢によって保険料が上がる」
「通院補償の限度日数が22日まで」
「無事故継続割引、インターネット契約割引の廃止

ペット保険の申し込みと到着

お申し込みの前にまずは見積り!

見積り画面ではペットの品種、ペットの生年月日(わからない場合は最寄りの動物病院の獣医師に推定年齢をご確認ください)契約者情報を入力。

またペットの既往歴やワクチン接種の有無など健康状態の情報を入力して審査を申し込みます。
無事審査に通ったら念願の「ペットの保険証」が到着します!

https://www.ipet-ins.com/

クレジット払いに設定すると最短の1か月で到着することのこと。
私の場合も12月中旬に申し込み、1月中旬には到着しました!

実際に使用してみた感想

2月頭に年に一回の健康診断と、我が家の猫は幼いころから慢性的な猫風邪を患っているため、

3種混合ワクチンをうちにかかりつけの動物病院へ。

コアワクチンである3種混合ワクチンが日本では猫の混合ワクチンとしては浸透しています。

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症は空気感染をし、感染力も強いので、室内でしか飼ってないよという猫ちゃんにも推奨されています。
外飼いをしている猫ちゃんは4種、5種混合ワクチンが推奨されています。

利用の流れも人間の保険証と同じで窓口にペット保険証と診察券を提示し
診察後はそのまま割引された金額を支払うだけ。

以前は通院前にお金をおろしたり、治療費が高くなってしまった場合はクレジットカードを使用していましたが
お金の心配をせずに安心するまで検査、治療を受けれるようになったことで

飼い主としての不安も解消されたように感じました。

言葉が話せないあなたの家族の健康を守るためには早めの備えとしてペット保険加入が重要なのではないでしょうか?

ぜひまた加入されていない方もこれを機にご検討ください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4歳から絵画を習い始める。2016年にアパレルブランドAche3.9を立ち上げ、デザイナーとして全国各地で単独POPUPを開催。通算主催イベントの開催回数は30回を超え、ビバラロックフェスへなどの外部出店経歴やMV等の着用経歴も有り。
2021年から渋谷にて月に一度の店舗を構え、同年9月にNeedoum Inc.を立ち上げ代表取締役に着任。

目次